■ノロウイルス食中毒注意報

 本日、長野県jは「ノロウイルス食中毒注意報」を全県に発出しました。
 例年、冬期は感染性胃腸炎が流行し、ノロウイルス食中毒が多発する傾向があります。県では、「ノロウイルス食中毒注意報」を発出し、食品を取り扱う方々に注意を呼び掛けています。手洗いの徹底及び食品の取扱いに十分注意し、食中毒を防ぎましょう。
【ノロウイルス食中毒予防のポイント】
○調理する人の健康管理
 症状があるときは、食品を直接取扱う作業をしない。
○食品の加熱調理
 中心温度85〜90℃で90秒以上加熱しましょう。
○作業前などの手洗い
 石けんを使用し、汚れの残りやすいところを丁寧に洗い、流水でしっかり流しましょう。
 2回繰り返すと効果的です。
○調理器具の消毒
 洗剤などで十分に洗浄し、熱湯で加熱又は次亜塩素酸ナトリウム等の消毒剤で消毒する。

■東御市における特殊詐欺前兆事案の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
本日12月6日、東御市の一般住宅へ、東御市役所介護保健課職員をかたり、介護保険料の還付金名目の詐欺の電話が複数架かってきており、今後上田市に波及する可能性があります。
詐欺グループは、金融機関ではなく商業施設のATMを案内する傾向にあります。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■長和町における特殊詐欺被害の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
昨日11月30日、長和町古町地籍の一般住宅において、長和町役場職員をかたる者による、還付金詐欺の被害が発生しました。
犯人は、電話で被害者にATMまで行くよう誘導し、ATMの操作方法を口で説明して現金約58万円を振り込ませたものであり、今後、上田市にも波及するおそれがあります。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■上田市 特殊詐欺前兆事案の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
本日11月30日、上田市内の一般住宅へ、上田市役所の介護課を名乗る男性から、「介護保険料の払戻しがあります」「銀行のATMに行ってください」などという還付金名目の詐欺の前兆電話がかかってきています。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■上田市 市内で多発している不審電話への注意

 上田市消費生活センター、上田市生活環境課からお知らせします。
 本日午後、「介護保険の還付金がある」という主旨で市職員を名乗った者から電話があったという3件の情報提供が、上田市消費生活センターへありました。いずれも相手からの情報は虚偽の内容であり、3件ともに60歳代女性の方に対するものでした。特殊詐欺の前兆事案の可能性もあります。
(電話の内容)介護保険の還付金がある。文書で通知しているので5月には届いているはず。10月末期限だが50%の人が忘れているので、今般知らせている。還付金は36,500円。再度文書で出すと費用がかかってしまうので、職員が電話で連絡をしている。銀行に行かれるか?市の職員が金融機関とメールで連絡を取るので、後ほどまた電話を架ける。
 3件ともに概ね同じ内容です。市役所からこのような電話をすることはありませんので、十分ご注意ください。
 被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を教えない。
■一人で判断せず、家族や警察に相談する。
■犯人とは直接会話をしないようにするため、留守番電話等を活用する。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに、家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。
 以上、上田市消費生活センター、上田市生活環境課からお知らせしました。
上田市消費生活センター 0268−75−2535

■上田市 特殊詐欺前兆事案の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
■本日11月24日、東御市内において、医療機関を名乗る者が電話で「息子さんが扁桃腺で精密検査が必要。」とだまし、さらに警備員を名乗る者が電話で、「息子さんが携帯電話を失くし、本人から連絡が取れない。」とだますという、複数の登場人物がストーリー仕立てで詐欺を行う「劇場型詐欺」と思われる前兆電話が架かってきており、今後、上田市に波及するおそれがあります。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■上田市 特殊詐欺被害の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
本日11月15日、上田市内の一般住宅において、金融機関を名乗る男が訪れ、「現在持っているキャッシュカードが使えなくなるから、新しいキャッシュカードと交換する」とだまし、キャッシュカードをだまし取るという特殊詐欺被害が発生しました。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■上田市 特殊詐欺前兆事案の発生

上田市生活環境課、防犯協会からお知らせします。
■事案の概要
本日11月5日午後4時頃、上田市内の一般住宅へ、息子をかたる者から、「オレだよ、オレ。息子だよ。書類が無くなった。」などと言って一方的に断電する不審電話がかかってきています。 
今後、オレオレ詐欺に発展する特殊詐欺の前兆であり、既に犯人が上田警察署管内に潜んでいる可能性があります。
被害に遭わないために以下の点に注意してください。
■口座番号や暗証番号を「教えない」、キャッシュカードを「渡さない」
■一人で判断せず、家族や警察に「相談する」
■犯人と直接会話をしないようにするため、自宅の電話を常に留守番電話に設定し、メッセージを残さない人の「電話には出ない」
■同様の電話があったら、すぐに上田警察署(0268-22-0110)まで通報してください。
■このメッセージを受信した方は、周囲の方に内容を伝えるとともに家族と連絡を取り合い、注意を呼びかけ、被害防止に努めてください。

以上、上田市生活環境課、防犯協会からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140

■長野県内の交通死亡事故連続発生に伴う緊急対策の実施

上田市生活環境課、上田警察署からお知らせします。

■長野県内では、10月27日から11月1日までの6日間で、高齢者が当事者となる交通死亡事故が3件連続して発生したため、11月2日から11月8日までの7日間、「交通死亡事故連続発生に伴う緊急対策」を実施します。
■期間中、上田警察署では、取締りやパトロールを強化します。
■ドライバーの皆さんは、薄暗くなる前に早めのライトを点灯し、歩行者や対向車がいない時にはハイビーム走行を心がけ、周囲の状況をいち早く察知できるようにしましょう。
■歩行者の皆さんは、夕暮れ時や夜間に外出をする際は、反射材を着用しましょう。

以上、上田市生活環境課、上田警察署からお知らせしました
上田市役所 生活環境課 0268-22-4140
上田警察署 0268−22−0110

■上田市 ルールを守らない訪問買取りにご注意を

 「いらないネックレスなどはありませんか」と、若い女性がいきなり訪問してきたので、そのような物はないと断ったが、「ノルマが足りないので、査定だけでもさせてください」とせがまれ、結局、何点かのアクセサリーを売ることになってしまったという相談が、上田市消費生活センターに寄せられています。相手は書面など何も置いていかないので、名前や連絡先もわからないとのこと。
 消費者から要請がないのに突然訪問して買い取りをする行為は、法律で禁止されています。また、事業者は、事業者名、連絡先などのほか、物品の種類や購入価格などを記載した法定書面を交付する義務があります。 
 突然訪問してきた購入業者は家に入れないようにしましょう。また、買い取りを承諾していない貴金属などの売却を迫られたら、きっぱり断りましょう。
 訪問購入の場合、クーリング・オフ期間内であれば、購入業者に物品の引き渡しを拒むことができます。購入業者とトラブルになったときは、「上田市消費生活センター」電話75-2535か、「消費者ホットライン」局番なしの188へご相談ください。